浜松市三方原町の眼科 土曜日夕方5時まで診療
日帰り白内障手術

浜松市三方原町の眼科 土曜日夕方5時まで診療
日帰り白内障手術

クリニック紹介

施設紹介

【画像】外観
外観1
【画像】受付
受付
【画像】診察室1
診察室1
【画像】検査室
検査室
【画像】処置室
処置室
【画像】手術室
手術室

設備紹介

【画像】白内障手術装置
白内障手術装置
【画像】レーザー装置
レーザー装置
【画像】ジアイーノ
ジアイーノ
【画像】検査機器
検査機器
【画像】自動釣銭機
自動釣銭機

理念

お⼦さんからお年寄りの⽅まで、幅広い年齢層の⽅々の眼の病気に対応します

患者さま⼀⼈⼀⼈に対して検査、治療内容の丁寧な説明を⼼がけます

可能な限り待ち時間を短くします

院長ごあいさつ

 
【画像】院長 檜垣 正彦

ひがき眼科クリニック院⻑の檜垣正彦です。
これまで⼤学病院や地⽅の病院、聖隷浜松病院、浜松市北区の⼗全記念病院などで眼科医として勤務してまいりました。 三⽅原地区は⼈⼝が多い割に眼科クリニックが少なく、少しでも眼の病気で困っている患者さまのお役に⽴ちたいと思い、開業を決意しました。

私の考える理想的なクリニックの特徴は⼤まかに⾔って3つあります。

  1. お⼦さんからお年寄りの⽅まで、幅広い年齢層の⽅々の眼の病気に対応します

    ⼤学病院での専⾨性の⾼い診断や治療の経験や、医療過疎地域である南伊⾖町での⼀⼈眼科医⻑としての勤務に加え、浜松市では聖隷浜松病院、浜松市北区の⼗全記念病院での眼科部⻑としての勤務、名古屋市⽴⼤学病院では網膜硝⼦体疾患の臨床研究に携わるなど、これまでに私が培ってきた経験を⽣かして、最新の眼科検査機械、⼿術機械を駆使してお⼦さんからお年寄りまで幅広い眼の病気に対応できます。

  2. 患者さま⼀⼈⼀⼈に対して検査、治療内容の丁寧な説明を⼼がけます

    患者さまが多くて忙しい病院やクリニックに通院した経験はありませんか︖
    時間の制約上仕⽅ない⾯もありますが、そういう施設では検査、診察などが事務的、機械的に⾏われる場合もあるようです。

    時に⼗分な説明がないため、「何のためにこの検査を受けているのだろうか」と疑問に思ったことはありませんか?当クリニックでは患者さまがそういう思いをしないよう可能な限り現在の眼の状態をお伝えし、必要な検査、治療を説明して患者さまと共に治療法を考え、お互い納得した上で医療⾏為を⾏いたいと思っています。
    忙しい時など⾏き届かない場合もあるかもしれません。その時は是⾮患者さまの想いを伝えて頂きたいと思っております。

  3. 可能な限り待ち時間を短くします

    患者さまの集まる病院やクリニックでは予約していても受付から会計まで半⽇、時には丸⼀⽇かかることもあります。当クリニックで受付事務、検査員、看護師、眼科医が上⼿く連携して極⼒患者さまを待たせない医療を⾏いたいと思っております。

    患者さまに丁寧な説明をしながら、なおかつお待たせしない、という課題はとても難しい⾯もあるかと思いますが、実現できるようチャレンジしてまいります。

「眼の事で困ったらひがき眼科」と⾔われるようにスタッフ⼀丸となって、より良いクリニックを作っていこうと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

ひがき眼科クリニック
院⻑ 檜垣 正彦(ひがき まさひこ)

院長プロフィール

経歴
  • 東京大学農学部卒業
  • 東京医科歯科大学 医学部 卒業

略歴
  • 市立伊東市民病院
  • 自治医科大学 眼科学教室
  • 共立湊病院 眼科
  • 聖隷浜松病院 眼科
  • ⼗全記念病院 眼科
  • 名古屋市⽴⼤学眼科学教室 研究員

資格
  • ⽇本眼科学会認定 眼科専⾨医

所属学会
  • 日本眼科学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本眼科手術学会